牧ヘルスケアグループ 医療法人清翠会では、医療・介護・在宅各それぞれの事業所で、持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)への取り組みを掲げ、法人理念である「Medical for Happiness 一人ひとりの幸せな人生を支えるために」の実現をめざしています。

牧病院のSDGsへの取り組み

 牧病院は昭和44年開設以来、地域のみなさまの医療、介護、保健の分野で尽力してきました。医療・介護においては、内科二次救急病院として急患や救急隊からの要請への対応に加え、地域の方々の在宅復帰や在宅生活を継続するため、他の医療機関、介護施設、在宅事業所、医師会等と情報交換を行いながら、急性期病棟や地域包括ケア病棟による入院医療、かかりつけ病院機能、在宅医療などを提供しております。
 保健の分野では市民検診や健康診断、人間ドックを実施し、地域のみなさまの健康維持に積極的に取り組んでいます。その他、役所や保健福祉センター、あさひさんさん、オレンジチーム、ほっとかんネットと連携し、認知症になっても住み慣れた地域で住み続けることができるよう支援しています。

おおさかグローバル整形外科病院のSDGsへの取り組み

 おおさかグローバル整形外科病院は、法人理念でもあるMedical for happiness(一人ひとりの幸せな人生を支えるために)をモットーに一人でも多くの方に“幸せに資する医療”を提供できるよう、日々尽力しています。病院の方針である低侵襲な医療の提供を追及するため、日々最新医療の導入はもちろん手技開発や画像データ分析等新しい取り組みを続けています。医療の質を高め、多くの方の負担を軽減し、術後のQOL向上に貢献いたします。
 また、2次救急医療受け入れ病院として24時間365日運動器に障害をおった患者さんの受け入れを行い地域医療に貢献しています。

牧リハビリテーション病院のSDGsへの取り組み

 牧リハビリテーション病院は、リハビリテーション専門病院として、その専門性を活かし、地域住民の健康で幸せな暮らしが支援できるよう活動を展開しています。 そして、 門真で暮らす高齢者や認知症の人たちがリレー方式で歩きながら地域をつなぐイベント 「RUN伴門真 」 においては、 2016 年の初回から、実行委員として運営に参加 し、中継地点として施設を提供、協力することにより、パートナーシップを高めて きました 。 またコロナ禍でも、 2025 年大阪・関西万博の PR として「おもてなし折り鶴」をドバイ万博 2021 年開催) 来場者にプレゼントする企画「折り鶴 JAPAN 」への参加など 多数の活動 を継続しています。

牧ヘルスケアグループ 介護老人保健施設のSDGsへの取り組み

 介護老人保健施設は、地域の人々が、住み慣れた地域で生涯安心して暮らし続けるために、保健・医療・福祉の将来に貢献できることを使命に行動し、「地域包括ケアシステム」の概念に基づき、医療・介護・予防・生活支援・住まいを一体にした効果的なサービス構築に努めています。
 また、在宅復帰の療養生活については、在宅介護・介護予防事業を充実させ、さらにICFに則った「生活リハビリテーション」を、豊富なリハビリスタッフを擁して在宅生活の継続を支援しています。

牧ヘルスケアグループ 医療法人清翠会 法人本部のSDGsへの取り組み

「どのような人でも、働きやすい職場環境へ」
女性の産前産後休暇・育児 休業 明けに職場復帰できる環境を整え、ワーク・ライフ・
バランスを推進いたします。
また男性でも育児休暇を取得できる体制づくりに努めます。