大阪市 特定医療法人 清翠会 牧ヘルスケアグループ

recruit

清翠会 TOP  >  採用情報  >  新卒採用

新卒採用


募集職種・要綱

  • ・介護スタッフ(無資格・未経験の方も大歓迎です!)
    ※介護福祉士(見込み可)の方も大歓迎です!
  • ・看護師(見込み可)
  • ・理学療法士(見込み可)
  • ・作業療法士(見込み可)
  • ・言語聴覚士(見込み可)

仕事内容

介護スタッフ

特定医療法人清翠会が運営する「牧老人保健施設」「大阪市立介護老人保健施設 おとしよりすこやかセンター北部館(指定管理)」「牧リハビリテーション病院」の施設のいずれかにおいて、施設を利用される方への日常生活の支援をお願いします。具体的には食事の援助、排泄の援助、移動の援助、清潔の援助、コミュニケーション、レクリエーションなどです。

看護スタッフ

当法人が運営する「牧病院」「牧リハビリテーション病院」のいずれかにおいて、看護業務全般をお願いします。将来的には、訪問看護や福祉施設での勤務も可能です。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士スタッフ

当法人が運営する「牧病院」「牧リハビリテーション病院」「牧老人保健施設」「大阪市立介護老人保健施設 おとしよりすこやかセンター北部館(指定管理)」などで患者様や利用者様へ機能回復リハビリテーションを行っていただきます。当法人にはお仕事をしながらしっかりと学べる環境が整備され、かつ休日もしっかり取れるなどメリハリをつけた働き方が実現できます。

あなたも清翠会の一員として患者様、利用者様が笑顔になった時の喜びを共に分かち合いませんか?

内定までの所要日数

採用試験受験後、1週間以内に採否のご連絡をさせていただきます。 【各職種共通】

選考方法

書類選考、小作文、適性検査、面接 【各職種共通。*リハビリ職は小作文なし】

提出書類 【各職種共通】

1.履歴書(写真貼付)、2.成績証明書、3.卒業見込証明書(様式不問)


採用スケジュール

介護職

看護職

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士


教育について

看護師

基本方針

  • ・患者さん、ご家族の立場で考えた質の高い看護を実践し、その実践においては、看護者の倫理規定を行動指針とします。
  • ・安全で安楽な看護を基本とし、患者さんとのコミュニケーションを大切にして、自立への支援をします。
  • ・地域との連携、他部門との連携を大切にし、チーム医療の推進調整の役割を果たします。
  • ・専門職としての誇りと謙虚さを持って、常に自己研鑚を重ねます。
  • ・病院の理念・方針に沿い、健全経営に積極的に参画します。

リハビリ職

リハビリテーション部新入職員研修


介護福祉士

高齢者が増える社会に向けて、自分も役に立ちたい!と選んだ仕事です
素晴らしい仲間や先輩がたくさんいる職場で、毎日充実しています!

介護職の人材が不足している…そんなニュースを見た時に、自分が少しでもその穴を埋める人材になることができればいいなと思ったことがこの仕事を目指したきっかけです。もともと人と関わる仕事に携わりたいと思っていたので、介護の仕事はピッタリだと思い、高校卒業後に専門学校の介護福祉士科に入学しました。介護の仕事は機械ではなく人が相手の仕事なので、自分やチームのケアによって、日々患者さんの変化を実感することができます。患者さんの喜ぶ顔を見たり、「この病院に入院してお兄ちゃんに会えて良かった。ありがとう」と患者さんに言っていただけると、介護職になって本当に良かったと実感します。入職してもうすぐ4年になりますが、今後は患者さんや職員のことや周囲の状況をより把握し、その方の長所を伸ばしてあげられるような介護士になりたいと思っています。


求職者へのメッセージ

プリセプター制度を取りいれているので、悩みや不安を気軽に相談できます。またスタッフ全員がとても協力的なので、働きやすい職場です。スタッフ同士仲が良く話しやすいので、すぐにみんなと馴染めると思います。また、公休は月に8日~10日で、有給休暇取得率も高く、残業もあまりないので、自分の時間もしっかりとれ有意義な休日を過ごすことができ、ワークライフバランスが充実しています。

介護部

Q1.介護職を目指したきっかけ、理由は?
介護職を目指したきっかけは人の役に立ちやりがいを感じられる職業に就きたいと思い、どの職業にしようかと悩んでいたところ就職の指導をして下さった先生の娘さんが介護の仕事をしておられだんだん話を聞いていくうちに興味がわきました。
Q2.介護職になってよかったと思う点、やりがいなど
最初、介護は大変なイメージだったのですが実際現場に出て利用者の方とコミュニケーションをとっていると昔の出来事が聞けたり勉強になり何よりも利用者さんにありがとうや頑張ってねって褒められると介護職になって良かったと思えました。
Q3.将来どんな介護士になりたいですか?
利用者の方はもちろん職員のみなさんからも頼られて何事にも一生懸命元気いっぱいに取り組み立派な介護士になりたいです。
Q4.後輩スタッフ(今後入職される方)へのメッセージ
最初は不安や大変っていうイメージがあると思います。
ですが研修では時間をかけて一つ一つ丁寧に教えて下さり、実際体を使って実践しながら説明して下さるのでとても分かりやすいです。一緒にがんばりましょう!
Q5.どんな職場ですか(PRしたい点、良い点など)
利用者の方や職員のみなさんすごく元気で和気あいあいとしてて思いやりがあり明るい雰囲気で楽しい職場です。
Q6.プリセプター制度についてどう思いますか?
最初の方は初めての職場で雰囲気も分からない状態だったので不安だらけでしたが、一人の指導者さんがいろいろな事を一つ一つ丁寧に教えてくれたり相談もしやすいのでとても助かっています。
Q7.研修体制についてどう思いますか?
最初は全く介護がどんな世界か知らずに入社したのですが研修を受けてみて新しい知識が得ることが出来たり、高齢者の方と会話をする機会があまりなかったので研修中にたくさんお話しを聞けて良かったです。
Q8.今まで心に残っている介護エピソードは?
研修の時に利用者の方とコミュニケーションをとっていた時、ある一人の女性が若い時にヘルパーの仕事をしていたらしく昔の介護についてたくさんの話が聞けて勉強になったことです。
Q9.ワークライフバランスについて
しっかりと寝てしっかりと食べて休みも週2日あるので休みの日はとても充実しています。仕事もこれから頑張って一つ一つ技術も身に付けていきたいと思っています。

牧リハビリテーション病院看護師

小さい頃からの夢を叶え、今もママさんナースとして毎日がんばっています!

ママさんナースを支えるシステムとスタッフ同士の充実したサポート体制で、安心して働ける職場です!

私が看護師を目指したきっかけは、子供の頃に通っていた病院の看護師さんでした。いつも笑顔でとても優しく対応してくださって、自分も大きくなったらこんな風になりたいなと看護師に憧れていたんです。小さいころの夢が叶って看護学校卒業後は総合病院の整形外科病棟で急性期、回復期等の経験を積みました。結婚を機に退職しましたが、子育てが少し落ち着いてきたので、回復期の経験を活かして大好きな看護のお仕事に復職したのが当院でした。ブランクもあり、しかも子育て中ということで正直最初は不安もありました。でも、スタッフ同士仲がよくアットホームな雰囲気の職場で、先輩ママさんナースもいたのでなんでも相談でき安心して働けました。産休・育児休暇制度や育児短時間正規職員制度がしっかりしているので取得者も多く、当院には院内に保育園もあるので休暇明けもスムーズに職場に復帰できます。実はもうすぐ産休に入るんですよ。ママさんナースを支えるシステムと職場の温かいスタッフに支えられ、長く安心して働ける魅力的な職場です。

求職者へのメッセージ

牧リハビリテーション病院は、入院期間が長く患者さんと親密に関われる病院で、回復期を学びたい人にはぴったりの環境です! 在宅復帰率は約80%で、医師、看護師、介護士、セラピスト、医療ソーシャルワーカー、薬剤師などさまざまな職種がチームとなって患者さんの在宅復帰を支援します。退院後の生活に向けて、身体面、社会面、心理面から深く患者に関わることができるので、とてもやりがいがありますよ。指導や相談など担当のプリセプターが決まっているので安心です。また定期的に勉強会が開催され、現場ですぐに活かせる内容なのでとても充実しています。

皆で助け合える環境と充実した教育・研修プランでブランクがあっても安心!

「やる気」と「新しい一歩を踏み出す勇気」があれば大丈夫ですよ♪

中学3年生の進路を決める時期に、知り合いの看護師さんからいろいろな話を聞いて影響を受けて、ずっと続けられるお仕事をしていきたいなと思ったのが看護師を目指したきっかけです。患者さんから感謝の言葉をいただいた時に、患者さんの役に立てているのかなと嬉しく思い、看護師になってよかったなと実感します。在宅復帰に向けていろいろな不安を抱えている患者さんも多いので、身体面だけではなく精神的なサポートも行えるように取り組んでいます。また当院では早期在宅復帰への取り組みを他職種と連携してチームでサポートしています。それぞれの専門性を最大限に活かせるよう、看護の質の向上と安全・安心な看護実践を目指して院内勉強会の開催や院外勉強会への参加も積極的に行っています。外部研修参加後は伝達講習を実施し職員同士で情報の共有をしています。準備など大変な面もありますが、学びを振返ることができる良い機会になっています。


求職者へのメッセージ

牧リハビリテーション病院は、経験もキャラクターもさまざまですが明るく楽しいスタッフが多く、お互い相談しやすい雰囲気で働きやすい職場です。当院には仕事も育児も頑張るママさんナースも多く活躍しておりますが実は私もその一人なんです。最初はパートタイマーで入職したのですが、その後正規職員となり、昨年からは副主任として働いています。最初は育児と両立できるのかと不安もありましたが、皆で助け合える環境があるので、ブランクや回復期未経験でも「やる気」と「新しい一歩を踏み出す勇気」があれば大丈夫です!
当院には経験年数1年~から10年以上のベテランナースなど、いろいろな経歴の方が入職されますが、経験に合わせた指導プランをたて継続的にサポートできる態勢がありますので、ぜひ一緒に頑張っていければと思います。

理学療法士

Q1.PTを目指したきっかけ、理由は?
高校生の時に、祖父がリハビリをしている姿を見て、そこで理学療法士という職業を知りました。祖父が頑張っている姿や見舞いに行っていた祖母が喜んでいる姿を見て、私もこんな風に人の役に立ちたいと思い目指しました。
Q2.PTになってよかったと思う点、やりがいなど
今まで歩くことが出来なかった患者様が、一人で歩けるようになったり、またそれによって笑顔がみられた時は、私自身も嬉しく思いやりがいを感じます。
Q3.将来どんなセラピストになりたいですか?
技術レベルを上げていき、患者様の身体機能面の向上を目指していくのはもちろんですが、それに加え精神的な面も一緒にサポートしていけるようなセラピストになりたいです。
Q4.後輩スタッフ(今後入職される方)へのメッセージ
共に学んで一緒に成長していきましょう。
Q5.どんな職場ですか(PRしたい点、良い点など)  
先輩や上司と相談がしやすく、また実際に治療場面にも立ち合って頂き、PTアプローチなど細かなアドバイスもして頂いています。人間関係が良い職場だと思います。 
Q6.プリセプター制度についてどう思いますか? 
新人の時は一人だととても不安でしたが、困ったことや悩みなどすぐにプリセプターに相談出来たので良かったです。また、私は大阪府理学療法士協会の北河内ブロックでの新人症例発表会に出題させて頂く機会がありました。準備期間は大変で本番は緊張もしましたが、的確なアドバイスや助言を頂き、新たな視点が広がるとても良い経験をさせて頂きました。
Q7.研修体制についてどう思いますか?   
病院内での研修が多くあり、新人の頃には挨拶やマナーの講習、電話対応など、社会人としての基本的な部分から指導して頂きとても役に立ちました。
Q8.今まで心に残っているリハビリのエピソードは?
脳卒中で左下肢が動かず、自宅復帰を諦めていた独居生活の方。自宅には階段があり昇降動作獲得は必須条件であり、初めはご本人も絶望的だと思っておられました。しかし本人の努力もあり、最終的には杖歩行・階段昇降動作を獲得することができ、自宅へ退院されていきました。
Q9.ワークライフバランスについて
勤務時間が午前8:30~午後5:00で、基本的に残業する事はほとんどないため、勤務後に勉強会へ行ったり、プライベートの時間を作る事が出来ます。
また休み希望も相談しやすいです。

作業療法士

Q1.OTを目指したきっかけ、理由は?
誰かの役に立てる仕事がしたいと思い、色々な人に相談する中でOTという仕事を知り、身体的・精神的にも患者様をサポートしたいと思い志望しました。 
Q2.OTになってよかったと思う点、やりがいなど 
身体面、精神面でサポートしながら患者様一人一人に合ったリハビリを考え、実際に提供できること。傍で患者様の様子を見ることが出来るため、日々の変化を感じる事が出来るのにやりがいを感じます。
Q3.将来どんなセラピストになりたいですか?
不安を抱えた患者様にとって安心できる環境を提供し、退院に向け患者様の長所を伸ばしていけるセラピストになりたいです。機能的なリハビリだけでなく、その人にとっての意味のある作業活動を大切にしていきたいです。
Q4.後輩スタッフ(今後入職される方)へのメッセージ 
やりがいがあり、日々勉強できる仕事だと思います。当法人はプリセプター制度等、新人教育が充実し、勉強会も開催されているので自分のスキルアップも出来る環境だと思います。
Q5.どんな職場ですか(PRしたい点、良い点など) 
スタッフ同士の仲もよく、アットホームな職場です。小さな悩み事でも相談しやすい雰囲気で、内部・外部の勉強会も豊富なので自身のスキルアップも図りやすいと思います。
Q6.プリセプター制度についてどう思いますか?
リハビリの内容や業務、その他の小さな悩み事も相談しやすく、アドバイスをもらう事が出来るので仕事をする上でよかったです。
Q7.研修体制についてどう思いますか? 
入職後に座学の研修を終えた後、介助方法などの実技を実際にしていただけたり、社会人としてのマナーに対する接遇研修も実施されるため安心してリハビリの臨む事が出来ました。入職後に座学の研修を終えた後、介助方法などの実技を実際にしていただけたり、社会人としてのマナーに対する接遇研修も実施されるため安心してリハビリの臨む事が出来ました。
Q8.今まで心に残っているリハビリのエピソードは? 
退院の時に「ありがとう」という言葉をもらえたことがとても嬉しいです。
Q9.ワークライフバランスについて 
自分のペースで仕事を進める事が出来、残業も少ないです。また希望の休みも取りやすいため、プライベートの時間も充実します。

言語聴覚士

Q1.STを目指したきっかけ、理由は?
私は人と話すこと、食べることが大好きです。それができなくなってしまった方の回復のお手伝いをし、どんな工夫をしたら不自由が無くなるかを一緒に考えていける仕事「言語聴覚士」を知り、魅力を感じて志しました。
Q2./STになってよかったと思う点、やりがいなど   
全く言葉が出なかった患者さんが、言いたいことを伝えられるようになった時や、経管栄養だった患者さんが初めて口からごはんを食べた時は、感動します。
Q3.将来どんなセラピストになりたいですか?       
高い技術や知識を持つことはもちろん、温かさと包容力を兼ね備えた人間味溢れるセラピストになりたいです。
Q4.後輩スタッフ(今後入職される方)へのメッセージ
セラピストとして、人間として成長できる機会がある職場です。学校で学ぶことはほんの一握りで、臨床では患者様から学ぶことばかりです。マニュアルに合わせた評価・訓練ではなく、患者様ひとりひとりに合わせた対応を臨機応変に考えていく難しさ、楽しさを一緒に味わいましょう。
Q5.どんな職場ですか(PRしたい点、良い点など)
職員間の距離が近く、長所は伸ばして、短所は直せるよう一緒に考えて下さる方ばかりです。たとえミスをしても皆で補い合える職場です。また他職種との距離が近く、連携を取りやすいのが魅力です。
Q6.プリセプター制度についてどう思いますか?     
プリセプターの先輩は業務上のことだけではなく、上司にはなかなか言いづらいことも親身になって聞いて下さる存在です。私も現在後輩のプリセプターをしていますが、自分の失敗談や成功談を伝え、一緒に成長したいと感じています。
Q7.研修体制についてどう思いますか?   
座学としての研修は短期間で終わり、あとは実地経験を通しての研修となります。その為学んできた知識をすぐに実践に生かすことができます。
Q8.今まで心に残っているリハビリのエピソードは? 
重度失語症で言葉の表出や理解ができないことから、リハビリを拒否していた患者さんが印象に残っています。何度も粘り強く、笑顔で誘いにいくと、しぶしぶながらも来てくれるようになりました。徐々に意味のある言葉が出てくるようになり、退院する時には「よかったー。ありがとう」という言葉と共に手を握ってくれました。
Q9.ワークライフバランスについて 
仕事だけでなく、プライベートを尊重する職場です。そのため仕事と家庭の両立をうまく行えている職員が多いです。