大阪市北東部、門真市。患者さまの在宅や現職復帰をめざす、リハビリテーション病院。

clinic

リハビリテーション部

入院から退院まで患者さまの心に寄り添うケアを大切にしながら、
日々質の高いリハビリテーションを提供。

チームによる高度なリハビリテーションを行ってます。脳血管疾患、運動器リハビリテーションの最高施設基準を取得するなど、専門的なリハビリテーションにも対応します。

方針・目標

基本方針

・患者さまが一日でも早く社会復帰、自宅復帰ができるよう、機能回復期の集中的なチームリハビリテーションを最大限にご提供します。

・患者さまに質の高いリハビリテーションがご提供できるよう、日々研鑽を重ね、高い知識と技術を身につけます。

・地域連携を大切にして、急性期から、社会・自宅復帰への橋渡しとなる回復期リハビリテーションをご提供します。


役割

理学療法

・「寝返る」「起き上がる」「座る」「立つ」「歩く」などの基本動作能力の改善を中心に、早期在宅復帰をめざし、リハビリテーションをご提供します。

・円滑な在宅生活が可能になるよう、家庭環境に応じた理学療法をご提供します。


作業療法

・「更衣」「洗面」「入浴」「排泄」などの日常生活での動作を中心に、早期在宅復帰をめざしリハビリテーションをご提供します。

・在宅生活を考慮して、住環境整備を行い、スムーズな自宅生活ができるよう作業療法をご提供します。


言語聴覚療法

・人として「話す」「聞く」「読む」「書く」などのコミュニケーションの取れる生活ができることを目標に、早期在宅復帰をめざし言語聴覚療法をご提供します。

・「食べる」「飲み込む」などの摂食嚥下機能の改善を目指して口腔機能訓練をご提供します。

・「理解する」「認知する」「判断する」などの高次脳機能に対して、それぞれの症状に見合ったリハビリテーションをご提供します。


概要

施設基準 脳血管I、運動器I
人員配置 理学療法士 34人、作業療法士 28人、言語聴覚士 11人