大阪市北東部、門真市。患者さまの在宅や現職復帰をめざす、リハビリテーション病院。

about

当院の取り組み

看護の日

看護の日とは近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ1965年に国際看護協会が5月12日を国際看護の日と定め、日本でも1990年に5月12日を看護の日と制定しました。
看護部では毎年この時期に「看護の日」イベントを開催し、看護を身近に感じてもらうよう患者様、ご家族様に参加していただいています。

介護の日

平成20年に厚生労働省は、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、11月11日を「介護の日」と決めました。
介護士チームではそれに合わせた取り組みとして平成26年より「介護の日」イベントを行い、患者様、ご家族様に参加していただいております。

連根の会

連根の会とは、地域のサービス事業所と情報の交換・共有などの連携・リハビリテーションの啓発を図るため、平成20年から年2回開催しています。