大阪市城東区関目 整形外科病院 脊椎 人工関節 関節鏡 スポーツ整形 ペインクリニック 画像診断 MRI 24時間救急対

clinic

牧整形外科病院 TOP  >  診療科・部門  >  麻酔科

麻酔科


全身管理を責任を持って行います。 わたくしたちにおまかせください。

手術前に麻酔科専門医が適切な麻酔法を選択し、手術中、手術後を通じて患者さんの全身を安全に管理します。

麻酔科


概要

麻酔科では、患者さんが安心して手術を受けていただけるように術前診察を行い、麻酔の説明を行っています。術前検査(採血・心電図・胸部レントゲンなど)からお身体の状態をしっかり把握し、麻酔の副作用等を説明して、ご納得された上で麻酔の方法を決めるようにしています。持病をお持ちの場合は、主治医・手術室看護師とともに綿密な打ち合わせを行い、安全な麻酔を心がけています。そして、手術室では、急変がおこった場合にもすぐに対応できるように、麻酔科医が患者さんのそばで全身管理をしています。
また、術式によっては術後の疼痛管理も行っています。

麻酔の種類

麻酔には大きく分けて、意識のない完全に眠った状態にする麻酔(全身麻酔)と、意識はあるが痛みは感じない状態にする麻酔(脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、神経ブロック等)とがあります。両者を組み合わせた麻酔(例えば全身麻酔+硬膜外麻酔)もあります。手術の部位によっては全身麻酔をかけないとできない手術もありますが、下半身の手術のように全身麻酔でも脊髄くも膜下麻酔でもどちらでも可能な手術もあります。


ペインクリニック

牧整形外科病院ではペインクリニックという診療科が設置されます。ペインクリニック(pain clinic)のペイン(pain)は「痛み」を意味しますので、我々は【痛み】を専門的に診る診療科です。
ペインクリニックでは様々な痛みを伴う疾患が対象となり、代表的な疾患として、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎手術後症候群、変形性関節症、帯状疱疹関連痛、頭痛、末梢血管障害(レイノー症状、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患)などです。
日常生活に支障を及ぼす(仕事ができない、趣味が継続できない、リハビリができないなど)痛みに対して、神経ブロック療法、薬物療法、運動療法を中心に痛みのコントロールを行います。また、ペインクリニックで痛みを軽減しリハビリテーションを行うことで手術を回避できることもあるため、当院の特色を生かして、患者さんにとって最適の治療方針を決定します。

特色・方針

 ペインクリニックでの治療は神経ブロック療法が主となり、それに加えて、薬物療法や運動療法を併用して、集約的に行います。通院での神経ブロック療法だけでは痛みの緩和が得られない患者さんや、リハビリテーションが必要な患者さんに対しては、入院による治療も行っています。
<神経ブロック療法〉
痛みを生じている神経に直接、あるいはその周囲に局所麻酔薬を注入して痛みの伝わりを遮断することで、痛みを緩和する治療です。痛みの伝わりを遮断することで交感神経の興奮が抑えられ、痛みのある部位の血の流れがよくなり、筋肉のコリを緩め、痛みを引き起こす物質を洗い流す作用があります。
 当施設は、超音波(エコー)装置やレントゲン透視装置を使用することで、短時間で安全に神経ブロックを施行することが出来ます。
〈薬物療法〉
痛み治療に用いられるお薬の種類は年々増加していますが、全ての痛み止めのお薬が全ての痛みに対して効果があるわけではありません。痛みの原因によって、痛み止めのお薬を選択しなければ、全く効果がないもしくは副作用ばかり出現する可能性があります。以上のことから、痛みの原因を診断した後に内服するお薬を決めています。
〈運動療法〉
痛みがあることで、運動不足になると、痛みの部位の機能低下や痛みの拡大が引き起こされるだけでなく、生活習慣病にも関与してきます。ペインクリニックで痛みを緩和させて、リハビリテーションで身体を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指します。

痛みってなんだろう

「痛み」は誰もが経験したことのある不快な感覚で、願わくは経験したくないものですが、これは私たちが生きていく中で、体に異常事態が起こった時に知らせてくれる警告反応として大切な役割を持っています。
痛みを感じることは正常な反応で、痛みはその原因の治癒とともに消失するものです。しかし、痛みの原因が治癒したにも関わらず、痛みが長期間に及ぶと生活の質を著しく低下(動けない、寝られない、働けない、食べられないなど)させることになります。
このような状態に陥らないように、いち早く痛みを緩和させることが重要となります。

痛みの悪循環とこころの関係

痛みを感じると、交感神経(興奮に関する神経)の活動が活発になり、筋肉が緊張したり(筋肉のコリ)、血管の収縮が起こります。その結果、その部位に痛みを引き起こす物質が溜まり、さらに痛みを強く感じさせます。このようにして痛みがドンドンと強くなる・広がることで痛みの悪循環が作り上げられます。そして、痛みの悪循環が長期間継続することで、体の苦痛だけでなくこころの苦痛(不安、悲しみ、怒りなど)が加わり、更に痛みを強く感じさせることがあります。
これらの痛みの悪循環を早い段階で断ち切ることが重要となりますので、ペインクリニックでは様々な痛みの治療を併用して、痛みの緩和を図っています。


スタッフ

  学歴・専門領域 資格等
恒遠 剛示
麻酔科部長
兵庫医科大学
  • 日本麻酔科学会指導医
    日本ペインクリニック学会
    ペインクリニック専門医
トラバリー ファラ Kasturba Medical College(平15年卒)
※インド医学部
  • 日本麻酔科学会専門医