大阪市旭区、消化器科(胃カメラ、大腸カメラ)・整形外科(外傷)を中心に質の高い医療を行う急性期病院

clinic

牧病院 TOP  >  診療科・部門  >  リハビリテーション科

リハビリテーション科


「お家へ帰ろう」をモットーにいつまでも住み慣れた街で安全に生活できるよう支援します。

リハビリの専門家が患者さんの療養生活全般に深くかかわり、医師や看護師など他のスタッフとチームを組んで総合的に身体機能の回復をめざしています。

リハビリテーション科


基本方針

  • 院内でのチームアプローチを含め、地域と連携をとりながら早期在宅復帰、社会参加へのサポートをします。
  • 発症もしくは受傷直後よりチームで、安全に配慮した質の高い急性期リハビリテーションを提供します。
  • 早期より日常生活に必要な機能を獲得するため、個別の計画に基づいたリハビリテーションを提供します。

理学療法

  • 在宅生活が円滑に行えるように、日常生活動作の獲得、機能回復、呼吸器、循環器に対して理学療法を施行します。
  • 早期離床を行い、起き上がり動作や歩行などの実用的な基本動作の獲得を支援します。
  • 術前から退院まで一貫したリハビリテーションを実施しています。
  • 外来や訪問リハビリ・デイケアなどで退院後の専門的なリハビリテーションを実施しています。

理学療法


作業療法

  • 早期より在宅生活に合わせた日常生活動作の獲得を行います。
  • 症状に合わせた日常生活が自立できるよう支援します。
  • 術後から入浴や着替えなどの日常動作を練習し、退院前にご自宅に訪問し評価調整を行いリハビリテーションに取り入れ、より早くご自宅での生活を送れるように援助します。
  • 訪問リハビリ・デイケアなどで退院後の専門的なリハビリテーションを実施しています。

作業療法


言語聴覚療法

  • 高次脳機能障害のある方にうまく環境適応していけるよう言語聴覚療法を施行します。
  • 摂食嚥下障害のある方に、リスク管理のもと多職種と連携し早期に経口摂取できるよう支援します。
  • 嚥下造影検査を行い誤嚥の有無を客観的に評価し、食形態を検討させて頂き安全な食事をおこなえるようリハビリテーションを実施しています。
  • 外来や訪問リハビリ・デイケアなどで退院後の専門的なリハビリテーションを実施しています。

言語聴覚療法


施設基準

  • 運動器(Ⅰ):体幹・上・下肢の外傷・骨折や慢性の運動器疾患等に対するリハビリテーション
  • 脳血管(Ⅰ):脳血管疾患,脊髄性疾患,神経疾患等に対するリハビリテーション
  • 廃用(Ⅰ):急性疾患等に伴う安静による廃用症候群に対するリハビリテーション
  • 呼吸器(Ⅰ):肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などに対するリハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション:自宅療養されている方に対し実際にご自宅に訪問し行うリハビリテーション

入院・外来

入院されている方へは,平日以外に日・祝日にもリハビリテーションを提供しております。
外来は,日・祝日を除く月曜日から土曜日の午前にリハビリテーションを提供しております。

スポーツリハビリテーション

毎週金曜日の午後3時からスポーツリハビリテーション外来を実施しております。スポーツリハビリテーションの曜日,時間に関してはご相談に応じさせて頂きます。


スタッフ

科長 貝谷 誠久
理学療法士 23名
作業療法士 5名
言語聴覚士 5名
受付事務 1名

(平成29年8月1日現在)

設備・機器

  • 超音波治療器
  • 極超短波治療器
  • 低周波治療器
  • 自動間欠牽引装置
  • 渦流浴装置
  • ADLシミュレーションシステム
  • STEF(簡易上肢機能検査)
  • VF検査(嚥下造影検査)
  • 日本語版COGNISTAT認知機能検査
  • デジタル聴診器


特徴

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が入院直後から、それぞれ連携し一貫した専門的な治療を行っています。

チームアプローチ

カンファレンス

医師・看護師・リハビリスタッフ・MSW・ケアマネージャー・訪問看護師・福祉用具スタッフ・グループホーム所長など他職種での合同カンファレンスを施行し、患者さんの治療目標の決定・統一や、退院後のフォローの内容を確認しています。

カンファレンス


回診

リハビリスタッフが回診に同行し、患者さんの現状や今後の方針を確認することで、リアルタイムに目標や治療内容の修正を実施しています。