大阪市旭区、消化器科(胃カメラ、大腸カメラ)・整形外科(外傷)を中心に質の高い医療を行う急性期病院

clinic

牧病院 TOP  >  診療科・部門  >  栄養科

栄養科


おいしいという言葉を励みに栄養バランスを考えた入院治療食を提供します。

栄養バランスのとれた献立メニューは管理栄養士が作成、栄養状態に問題のある患者さんに対しては管理栄養士、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士の栄養サポートチームがチーム全員で回診、栄養の改善を図ります。

栄養科


基本方針

  • 患者さん本位の栄養ケアをチーム医療を通じて実践します。
  • 生活習慣病の2次予防や健康寿命延長に通じる、行動変容を促す栄養指導を実践します。
  • 協調性を持って職場を盛り上げます。

栄養相談

画一的なあれだめこれだめの指導はもう古い!!! 身長・体重などの身体計測データや血液などの臨床検査データ、患者さんからの食事記録などから、患者さんの食事の問題点を分析、実行できることから、しかし確実に現在の状態を変えていくよう管理栄養士が相談させていただきます。栄養相談は、随時受け付けておりますので、主治医にご相談ください。

栄養相談


食事療法

患者さんの病態に応じた食事を提供しています。また、アレルギーのほか噛むことや飲み込むことに問題のある患者さんなど、その時々の患者さんの状態に合わせた食事を提供しています。ストレスの多い入院生活を、少しでも和らげていただけるよう、季節の食材や、季節メニューにも気をつけています。強化磁器の食器は、家庭の食事と変わらない食環境を作る工夫の一つです。また、アンケートを実施し、患者さんのお声をよりよい食事に反映させています。


牧病院NST(栄養サポートチーム)は、NST委員会に属し、病院長の諮問機関として牧病院が提供する医療の質を向上させるために、適切な栄養管理を推進することを目的として活動しています。医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、事務職員、褥瘡委員会委員等から組織されています。日本静脈経腸栄養学会より、稼働認定施設の認定をうけ、定期的にミーティングや院内ラウンドを行っています。

活動の主な内容

  1. 患者の栄養管理
  2. 医療従事者の教育
  3. 調査、研究
  4. その他栄養管理向上のために必要なこと

患者さんが入院されると、速やかに管理栄養士が栄養管理計画書を作成します。栄養管理計画は、低栄養が懸念される患者さんだけでなく、メタボリックシンドロームなどの過栄養の患者さんにも対応、患者さん一人ひとりに応じた内容で、主治医およびNSTと協調し、入院中ずっと患者さんの栄養管理をしています。

※NST(栄養サポートチーム・医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、管理栄養士からなり、他職種協働により栄養管理を行っています)


居宅療養管理指導(訪問栄養食事指導)

介護保険制度を利用される利用者様を対象に、様々な障害を抱えながらも住み慣れたご自宅で自立した日常生活が送れるよう、利用者様の心身の状態に応じた、またご家族の希望に沿った栄養ケアを行う介護保険サービスです。
病院・診療所、訪問看護、ケアマネジャー等や他のサービスと連携しながら、利用者の意思および人格を尊重し、常に利用者の立場に立った支援方法を検討し、適切な栄養ケアの提供に努めます。
ご利用にあたっては、主治医の診察および訪問栄養指導の必要性の判断をいただく必要がございます。利用をご希望の際は、主治医もしくは担当ケアマネージャーまでご相談下さい。

訪問栄養食事指導の流れ

費用について

提供する代表的なサービス

(1回のサービスで約530円)

介護保険(自己負担は1割*) (管理栄養士が行う)居宅療養管理指導

*所得の高い方の自己負担は2割になります

サービス提供者 単位数  1割負担額 2割負担額 

管理栄養士が行う場合
(月2回まで)

1回
533単位
 1回
533円
 1回
1,066円
同一建物居住者に対して行う場合
(月2回まで)
1回
452単位
 1回
452円
 1回
904円