大阪市旭区 牧病院 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、外科を中心に皮膚科、整形外科を擁する、地域密着型の急性期病院。地域包括ケア病棟を併設しています。

about

牧病院 TOP  >  牧病院について  >  チーム医療について

チーム医療について

各分野の専門スタッフがチームを組み、一丸となって患者さんの治療にあたることを「チーム医療」といいます。
当院では医師をはじめ、コメディカル(comedical)スタッフとして、看護師・薬剤師・療法士・検査技師・放射線技師・臨床工学士・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー・診療情報管理士等の豊富な医療専門職を配置しています。
これらの各専門職が専門的なスキルを発揮しつつ、互いの専門性を尊重し、ひとつのチームとして治療にあたることで、患者さんの生活の質(QOL)を多方面から捉え、その患者さんにとって最良の治療を提供することを目指します。
実際の活動としては、個々の患者さんについてチームによる退院に向けたカンファレンスやミーティングを開催したり、その他、医療安全、感染管理、栄養サポート、褥瘡対策、糖尿病友の会等の専門チームによる会議や院内ラウンド等を行っています。
さらに患者さんが退院をされる際には、病院内におけるチームにとどまらず、転院先の医療機関や施設、在宅医療を担う診療所や介護事業者等とも連携しながら、広い意味でのチームとして退院を支援していきます。
そして、もちろんチーム医療では、患者さん自身やご家族もチームのメンバーとなります。患者さん自身が治療に積極的に参加していただき、治療や療養に関する質問や悩み・希望等がある場合は、お気軽にスタッフまでお尋ねください。