大阪市旭区、消化器科(胃カメラ、大腸カメラ)・整形外科(外傷)を中心に質の高い医療を行う急性期病院

about

牧病院 TOP  >  牧病院について  >  DPCに基づく病院指標

DPCに基づく病院指標

DPCとは

DPC制度(DPC/PDPS)とは「Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System」の略です。
これは、WHO(世界保健機関)が定めた国際疾病分類ICD-10(ICD:International Classification of Disease、疾病および関連保健問題の国際統計分類第10回修正)に基づいて厚生労働省が定めた診断群分類(DPC)を使用した定額払い制度のことです。
診断群分類は1回の入院における「医療資源を最も投入した傷病」と併存症の有無・診療内容等の組み合わせによって決定されます。
「医療資源を最も投入した傷病」とは、入院期間全体を通して治療した傷病のうち、最も人的・物的医療資源を投入した傷病名のことで、たとえ1回の入院中に複数の傷病を治療しても1つに限定されます。

DPCデータによる病院指標の公開について

当院のDPCデータを元に集計した病院指標を公開します。