大阪市旭区 牧病院 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、外科を中心に皮膚科、整形外科を擁する、地域密着型の急性期病院。地域包括ケア病棟を併設しています。

about

牧病院 TOP  >  牧病院について  >  医療安全について

医療安全について

医療安全に関する基本方針

近年、医療機関における医療事故の発生は各方面で大きく取り上げられ、社会問題化しています。そのような中で、医療事故を防止し、安全な医療を提供することは、医療機関に課せられた社会的使命です。病院及び職員個人が医療安全の必要性、重要性を病院全体及び職員自身の課題と認識しなければなりません。何よりも患者さんの安全を第一に考え、そして医療現場で働く全ての医療従事者の安全を守るために、安全管理に取り組む必要があります。そのためには、「人は誰でも間違える」ことを前提に、エラーを起こさせない環境や事故を未然に防ぐことが出来るシステムを構築することが必要であると考えています。

医療安全管理体制

当院では、適切な医療安全管理を組織横断的に推進し、安全な医療を提供するため、医療安全管理部を設置しています。医療安全管理部は医療安全管理室、医薬品安全管理室、医療機器安全管理室、感染制御室により構成されています。その統括責任者として医療安全管理部長を配置しています。

【医療安全管理室】

  • 医療安全管理者を配置しています。
  • 医療に係る安全管理のための指針整備、委員会の開催、インシデント・アクシデントレポートの検討・対策・分析、職員研修、事故報告等を行っています。

【医薬品安全管理室】

  • 医薬品安全管理者を配置しています。
  • 医薬品の安全使用・管理の確保、委員会の開催、職員研修、医薬品に関する情報の収集・分析・評価等を行っています。

【医療機器安全管理室】

  • 医療機器安全管理者が配置しています。
  • 医療機器の保守点検に関する計画の策定及び適切な実施、委員会の開催、医療機器の安全使用に関する情報の収集、職員研修等を行っています。

【感染制御室】

  • 院内感染管理者が配置しています。
  • 感染症の発生状況の報告、院内感染対策のための指針策定、委員会の開催、職員研修、職員に対するワクチン接種の企画・実施等を行っています。